佐藤正栄堂 「時計/宝石物語」シリーズ Number 24
(2001年12月掲載)


紫外線のおはなし





最近いろいろなところで耳にする「紫外線」
実際どんなものなのでしょう?

「紫外線」とは人間の目に見えない光です。
光の波長の長さにより、UV‐AUV‐BUV‐Cの3種類に分けられます。
そのうち日焼けや雪焼けの原因となるものはUV‐AUV‐B です。
1年を通して紫外線は降り続けていますが
初夏〜夏にかけて日焼けするのは紫外線の量が増えるからです。
冬に雪焼けをおこすのは、雪が紫外線を反射するためです。
雪の反射だけではありません。
アスファルトや道路、ビルの照り返し、
気を抜いてしまいがちですが、紫外線はガラスも通り抜けます。
室内にいるからといって安心とはいえません。

そんな紫外線は日焼けの他、目にも悪影響をあたえます。
その例としてあげられるのが白内障です。

目が長時間紫外線を浴びると角膜に炎症を起こすといわれています。
そして長年にわたり紫外線を浴び続けると水晶体に悪影響を与え
それが白内障の主な原因となります。

肌や目に悪影響を与える紫外線から守るために
紫外線の透過を防ぐ「UVカットレンズ」
メガネ専門店でお奨めするのはそのためです。

シミやシワのできやすい目のまわりは
特に紫外線に弱いとされるところです。
外出用サングラスのほか普段使いのメガネにも
「UV加工」をつけてみて下さい。
お肌と目の老化防止に必ず役に立ちますよ。

お求めは・・・信頼と安心のプロショップ「佐藤正栄堂」で・・・♪